Lubuntuを試してみる(2)

ESXi7.0に、仮想マシンとしてLubuntuを構築してみました。

今回は、その設定等をしてみたいと思います。まずは、リモートデスクトップ接続から。

リモートデスクトップ接続

インストールまではVMwareのコンソール画面で行っていましたが、毎回このコンソールを開くのは面倒なので、Windows上のリモートデスクトップから開けるようにしてみたいと思います。

固定IPアドレス化

というわけで、まずは、仮想マシンのIPアドレスを固定IPに替えておきたいと思います。

画面右下のネットワークアイコンを右クリックして、[Edit connections…]を選びます。

有線LAN(仮想マシン上ではありますが)なので、Wired connection 1 をダブルクリック。

[IPv4 Settings]タブを選び、Medhodは[Manual]に。

Addressを設定します。DNS serversの設定も忘れずに。

最後に「Save」で終了。

仮想マシンの再起動後に有効になるようですね。

XRDPの導入

Windowsのリモートデスクトップから使いたいので、RDPプロトコルでリモートデスクトップサーバーの機能を実現させるXRDPを導入します。

[システムツール] > [QTerminal]を開きます。

$ sudo apt update
$ sudo apt instarll xrdp

で、リポジトリ情報の更新と、XRDPのインストールを実施します。

インストールをしても起動させなければいけませんので、

$ systemctl start xrdp

それと、再起動時にも有効にするため、

$ systemctl enable xrdp

としておきます。

ここまで出来たら、WindowsPCから、リモートデスクトップ接続を行ってみます。

「接続」を実施。

リモートデスクトップ接続画面に、このようなダイアログが表示されます。

ここに、Lubuntuのユーザー名とパスワードを入力して「OK」をクリックすると、Lubuntuに接続されます。

のはずだったんですが…。

アップデートを知らせるダイアログは見えるものの、肝心の画面は真っ黒。

どうやら、VMwareのリモートコンソールで開いているので、同時には開けないようですね。

リモートコンソールを閉じます。

その後、リモートデスクトップ接続も再接続してみると、

WindowsPCの解像度で、Lubuntuの画面が開きました。

リモートの悩み

これでOKと思ったのですが、リモートオーディオが使用できないんですね。

オーディオが「Dummy Output」となっており、出力できないようです。

ネット上にはいろいろと対策が記載されているんですが、ESXi7.0上の仮想マシンとしてのLubuntu、しかも、動かしているサーバが非力なコンパクトPCという(これは関係ないか…)状況なので、いくつかを試してみても改善せず。

ひとまずはオーディオを必要とする使いかたはしないので、すぐに問題とはならないんですが、解決が出来ましたら報告させて頂きたいと思います。