QTSのビデオファイル管理ツール Video Station のアップデート(5.5.8)

これまで、QTSのビデオファイル管理ツールである Video Station については、バージョンアップについて触れてきませんでしたが、気になる内容でしたので記事にしてみたいと思います。

何が気になったのか

先日、NASからメールで通知が届いていました。

動画ファイルを Video Station で管理していたのですが、

Video Station 5.5.7 が無効化されました。

とのこと。これまで、あまり見かけない通知でした。

で、その次のメールが、

無効化して、停止した、と。順番が逆のような気もしますが…。

いずれにしても、5.5.7はセキュリティ上のリスクがあるので使えませんよ、ということですね。

WEBから管理画面に入ると、画面上部の通知欄に、同じような記載がありました。

実際には、この通知を見る前に、画面上にポップアップされた表示の方に目が行きます。

アップデートを強要されてます。

素直に、「今すぐ更新する」をクリックしておきましょう。

ところが、更新が終わっても、「停止させられている」という状況は変わりません。

「開始」しておくことを忘れずに。

変更内容は?

今回の変更内容は、これ。

Video Station 5.5.8

( 2022/01/13 )

[Fixed Issues]

– Fixed security issue.

これだけです。

セキュリティの問題を修正した、ということですね。

通知されていた内容とも合致しています。

セキュリティリスクのあるアプリを、「使い続けるのは自己責任」とするのではなく、強制的に停止し「使わせない」とするのは、安全でいいですね。アップデートは無償なわけですし、これくらいの強制力があっても良いかなと思います。